【京都】和食と京料理の違いやその特徴は?

造里

京都の地下水

京都は山々に囲まれ、豊かな水源を持っています。地下水や清らかな川の水を利用する地域特有の水源利用は数多くの特産物を生み出してきました。京都盆地の地下深くには多くの水が貯えられており、その量は琵琶湖の八割ほどにもなるといいます。 平安京の水を守るために建立された下鴨神社。酒造りの水に良いとされている伏見地区の酒造会社。京友禅の染料を洗い流すために使う水温が一定で鉄分などの不純物が少ない井戸水。京都と井戸水は切っても切れない間柄となっています。

豆腐料理と和食

京都では昔から井戸水を活用しての産業が盛んで、そのなかには豆腐・湯葉づくりがある。豆腐・湯葉づくりは、まず大豆を一晩水につける。その際季節や温度湿度によって時間を変えながらやっていくことで品質を一定に保つことができる。水を吸った大豆は2倍ぐらいにふくらみタップリと水を含む。その際、重要になるのが京都の地下水である。調べによると京都の伏水である地下水が枯れる心配はないという。このような好条件が京都が都として栄えてきた理由かもしれない。湯葉には、大豆から抽出された栄養素が含まれています。たんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄などの栄養素が豊富であり、健康に良い食材として知られています。また、湯葉は低カロリーであり、ヘルシーな食品としても人気。湯葉は、京都の伝統的な料理やお土産品として広く愛されている。京都の名産品として有名であり、訪れる際にはぜひ湯葉を試してほしい。といわなくても、当店のすくい豆腐をぜひご賞味ください。

日本で最も歴史のある湯豆腐

創業以来400年ほどの歴史がある湯豆腐のお店で、ここが日本最古とも言われています。長きにわたって引き継がれてきた伝統の味わいは評価も高く、湯豆腐を食べるなら『奥丹』とされるほど、名実ともに抜群の知名度を誇るお店です。豆腐づくりには徹底したこだわりがあり、大豆も選りすぐられている他ににがりも天然のものが使われます。そして提供する豆腐は全て、当日分だけを職人が手作りしているのです。こうして出来上がった豆腐は程よい固さで優しい味わいの逸品です。 メニューは一つだけと潔さがありますが、湯豆腐の他にもとろろ飯や天ぷらなどが付いてきます。湯豆腐にはネギの他に薬味として山椒を使うのですが、これがよくマッチすると評判です。
京都国立博物館

智積院の周辺情報

京都国立博物館まで徒歩約5分 
明治30年5月に開館した、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館。平安時代から江戸時代までの京都の文化財から、東アジアの美術品まで様々なものを収蔵しています。平成25年に竣工の「平成知新館」では常設展を、開館当初の本館である重要文化財「明治古都館」では特別展が行われています。レトロな洋館と近代的な建物が隣り合う、外観も魅力的な場所です。

京都国立博物館ホームページ

蓮華王院 三十三間堂まで徒歩約5分
南北にのびる本堂内陣の柱間が三十三もあるという特徴から呼ばれています。ご本尊「千手観音座像」の周りには、「風神雷神像」「二十八部衆像」が並び、堂内全体は千体もの「千手観音立像」が並びます。観音像には、必ず会いたい人に似た像があるとも言い伝えられており、本堂を含めこれらすべてが国宝に指定されています。

三十三間堂ホームページ

京都東山の和食レストランなら 智積院茶寮 桔梗

駐車場

お食事のお客様は智積院の無料駐車場をご利用いただけます。

喫煙スペース

全席禁煙でございますが、喫煙所をご用意しています。

精進料理

精進膳にある根来汁は、智積院へ脈々と続く伝統ある精進料理です。仏さまにお供えしたものを具材にした汁物であずきが入っているのが特徴です。

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話にて承ります。

075-551-8108

Google MAP

https://www.kyoto-spot.net/

席数

44席

営業時間

11:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:30)

住所

〒605-0951
京都府京都市東山区東大路通七条下る東瓦町964番地
智積院会館 内