【京料理】京都のお土産と和食文化

造里

京都のお土産文化

日本のお土産文化は、長い歴史と深い意味を持ちながら、今もなお大切にされており、旅行や観光、出張や帰省した際に職場の同僚、ご近所さん、親戚などにおみやげを買う人が多いと思います。お土産を買う際は、その土地の名産物や地域ごとに独自の特色を感じるお土産を選びます。例えば、京都では抹茶スイーツや伝統工芸品、北海道では美味しいチーズやジャムがよく見られます。あと、ご当地物のキャラクターグッズや和風雑貨、キーホルダーも人気があります。あるWEBサイトを見たのですが、お土産文化が定着していったのは江戸時代だそうで、日本の街道が整備されていき、一般庶民でも伊勢参りをすることも多くなり、旅行をするようになったといいます。その際、お土産として残していった家族やご近所さんにその土地に行ったことが証明できるようなお土産を持って帰るようになったといいます。よく実家にあったのは、こけし、熊の置物、飾り皿、といった物が床の間に飾られていた記憶があります。しかしながら、物に溢れている現在、デザイン性や感性も千差万別でこういった置物を好んで置く人もすくなくなっているのではないでしょうか。和室ならともかく、和室がない住宅も多くなってきていますので、ますます、日本のこういった伝統工芸品をお土産として購入する人も少なくなっているのが実感できます。こういった日本人特有のお土産文化ですが、はたして外国の方はどのような文化を持っているのか気になるところです。

まとめ

京都は、歴史と伝統が息づく古都ですが、その歴史と伝統は、京都のお土産にも表れています。京都には、定番のお土産から、ちょっと変わったお土産まで、様々なお土産があります。 京都の定番のお土産といえば、生八ツ橋、京ばあむ、和菓子などが有名。生八ツ橋は、京都を代表する和菓子。もちもちとした食感と甘さが特徴で、老若男女問わず人気があります。生八つ橋は、京都の老舗店「鶴屋八幡」や「京ばあむ」などが人気。京菓子には上生菓子や干菓子など、様々な種類があります。上生菓子は、季節の花や果物などを模した見た目も美しい和菓子。干菓子は、砂糖や水飴を固めて作った甘いお菓子です。京菓子は、京都の様々なお店で購入できる。京都は抹茶の名産地で、抹茶を使ったスイーツもたくさんあります。抹茶ソフトクリームや抹茶パフェ、抹茶アイスなど、様々な抹茶スイーツが楽しめる。京漬物は、京都の伝統的な漬物です。京野菜を使った漬物や、変わり種の漬物など、様々な京漬物があります。 京漬物は、京都の漬物屋さんや百貨店などで購入できます。京都のお土産を選ぶ際には、相手の好みや予算をよく考えて選ぶことが大切です。また、京都は観光地なので、お土産屋さんや百貨店がたくさんあります。お土産を買う場所は、目的や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。
京都国立博物館

智積院の周辺情報

京都国立博物館まで徒歩約5分 
明治30年5月に開館した、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館。平安時代から江戸時代までの京都の文化財から、東アジアの美術品まで様々なものを収蔵しています。平成25年に竣工の「平成知新館」では常設展を、開館当初の本館である重要文化財「明治古都館」では特別展が行われています。レトロな洋館と近代的な建物が隣り合う、外観も魅力的な場所です。

京都国立博物館ホームページ

蓮華王院 三十三間堂まで徒歩約5分
南北にのびる本堂内陣の柱間が三十三もあるという特徴から呼ばれています。ご本尊「千手観音座像」の周りには、「風神雷神像」「二十八部衆像」が並び、堂内全体は千体もの「千手観音立像」が並びます。観音像には、必ず会いたい人に似た像があるとも言い伝えられており、本堂を含めこれらすべてが国宝に指定されています。

三十三間堂ホームページ

京都東山の和食レストランなら 智積院茶寮 桔梗

駐車場

お食事のお客様は智積院の無料駐車場をご利用いただけます。

喫煙スペース

全席禁煙でございますが、喫煙所をご用意しています。

精進料理

精進膳にある根来汁は、智積院へ脈々と続く伝統ある精進料理です。仏さまにお供えしたものを具材にした汁物であずきが入っているのが特徴です。

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話にて承ります。

075-551-8108

Google MAP

https://www.kyoto-spot.net/

席数

44席

営業時間

11:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:30)

住所

〒605-0951
京都府京都市東山区東大路通七条下る東瓦町964番地
智積院会館 内